ごみ箱

1999ChristmasEve

 フリーゲームの紹介/感想

 
:[ 4.93 ] / 15  

1999ChristmasEve

 
20万字以上にも及ぶ文章によって構成されている長編ホラーノベルゲーム(ビジュアルノベル)。

仲の良い女友達を誘って長野のペンションに向かっていた主人公。だが、不気味なラジオ放送と同時に車が何かに衝突し、動かなくなってしまう。エンジンを修理しようと車の外に出た主人公は、「目」を見てしまう。助けを求めようと近くの教会に駆け込んだ主人公。そんな主人公達を待ち受けていた恐ろしい出来事とは……。

冒頭の明るい音楽のような調子でゲームを進めていくと、必ず後悔する。多少古いゲームではあるものの、その圧倒的な恐怖感は依然として他のゲームの追随を許さない、不朽の名作。
 

 ユーザレビュー

レビュー攻略などの情報を書き込んで下さい。
には、必ずgomibakoと半角で入力して下さい。
名前と内容を空欄にすると評点のみが集計されます。




ゲームの評価: コメントのみ 最低 つまらない 普通 面白い 最高


Toolog2009年12月16日(水) 00:28
所詮はビジュアルノベル。
と思ってプレイした当ゲーム。
設定がやけにリアルで、場面場面にマッチしたぞくぞくするBGMも相まって、すぐに投げ出してしまった。

恐怖を求めている方にはぜひおすすめしたい当作品。
「ひぐらし」のような萌え要素は皆無だが、それ以上の恐怖を味わえること間違いなしだ。
評価:

名無しのごみ箱2009年10月30日(金) 23:30
エンディングを全部埋めたいんですけど、手が震えてマウスが動きません....
迂闊に手を出すと痛い目に会うので、特にホラーゲーム好きな方でない限り、あまりお勧めできないデズ.....
評価:

痴話喧嘩2009年10月10日(土) 04:22
「かまいたちの夜」的なサウンドノベル形式のホラーゲーム。
このゲームにはじめて出会ったのはずいぶん昔のことですが、その日のことは今でも忘れません^^;
好奇心で気軽に手を出しましたが、待ち受けるのは少しの笑いとフリーゲーム史上最高の恐怖!
面白いのは間違いないですが、それよりも恐怖感のほうが遥かに強く、私は途中で挫折してしまいました。。。
でももう二度とは遊ぶ気にはなりません。
生半可な気持ちでこのゲームをやると絶対に後悔します^^;
私みたいに
評価: