ごみ箱

シューティング

SUDDEN ATTACK(サドンアタック)

SUDDEN ATTACK(サドンアタック)

軽快な動作が自慢のスポーツ系FPS。

プレイヤーは連合軍と反国軍の二手に分かれ、デスマッチや拠点防衛など、激しい戦闘を繰り広げる。グラフィックスが少々粗いのが難点だが、それでも初心者から上級者まで幅広く楽しむことができると思う。難点としては、武器はゲーム内のポイントで購入する上に、(課金を促すために)一定期間で消滅してしまう点。尤も、この点は商用目的で運用されているのだから仕方がないっちゃ仕方がないが……。
3 : 3.33

Alliance of Valiant Arms 【A.V.A】

Alliance of Valiant Arms 【A.V.A】

美しいグラフィックスが持ち味のFPS。

架空のヨーロッパ大陸を舞台にデスマッチや爆破など、プレイヤー同士が激しい戦闘を繰り広げる。ポイントマン、ライフルマン、スナイパーという3つの役職を上手く使い分け、部隊戦を楽しめるのが最大の魅力。

ただし、本格派を求めるユーザにはちょっと……。グラフィックスはリアルですが、細かい部分の作りが若干粗いです。それに、課金ユーザと非課金ユーザの差がありすぎ……。所詮「商用」目的のゲームといったところでしょうか。
3 : 3.67

Special Force(スペシャルフォース)

Special Force(スペシャルフォース)

ゲーム性を重視した、どちらかと言えばスポーツ系のFPS。

本作の特徴を一言で表現するのならば、「フツーのFPS」です。武器数の多さ、イベントの豊富さ、それとユーザ数の多さは魅力的だけども、ゲームの内容自体にはこれと言って特記しておくべき点がありません……。

ただし、運営は業界屈指と断言できるほど劣悪。チートが大量発生していました。ハンゲームも大手なんだからもっとしっかりしてよ……。
2 : 2.00

Seven years Of War 【S.O.W】

Seven years Of War 【S.O.W】

美しいグラフィックスと高い戦略性が売りのFPS。

2012年、民族間の紛争によってヨーロッパには国家が乱立していた。社会主義、自由主義、そのどちらにも属さぬ中立国家。しかし、その中立国家にも様々な主張が発生し、政府と反政府派ゲリラの間に七年間に渡る戦争、通称「七年戦争」が勃発した。

プレイヤーは「ライフル」「サポート」「アサルト」の3つの兵科に分かれ、近未来のヨーロッパでデスマッチや占領戦といった激しい戦いを繰り広げます。ゲームバランスが少々悪い気がしますが、まぁそれなりに面白いゲームだと思いますよ。
2 : 3.50

CROSS FIRE(クロスファイア)

CROSS FIRE(クロスファイア)

国際テロ鎮圧傭兵部隊とテロリストの戦いを描いたFPS。

本作は、「ゴーストモード」や死亡しても何度でも復活できるシステムなど、ゲーム性をかなり重視している。ゴーストモードとは、一方のチームが特別な装置を使って透明になって爆破任務を遂行し、もう一方のチームが足跡や残像を頼りにそれを阻止するというモードのこと。グラフィックスに関して言うと結構粗雑な印象を受けたが、その分ロースペックのパソコンでも動作するようになっているので、初心者向けかな?
3 : 3.33

ペーパーマン

ペーパーマン

操るキャラクターが全部「ペーパー(紙)」という、珍しいコンセプトのFPS。

てっきり趣味の悪いネタかと思ったら、結構作り込まれたゲームでした。「萌え」+「紙」+「FPS」=ペーパーマン。FPSの概念を根こそぎ打ち崩し、FPS界に新たな風を巻き起こしたと言えば巻き起こしたような気もする(笑)ゲーム。個人戦、チーム戦、爆破、スチールモード……、と複数のゲームモードが用意されています。5系列に分かれたスキルを上手に活用し、敵を打ちのめして下さい。
2 : 2.50

WarRock(ウォーロック)

WarRock(ウォーロック)

マップ上に点在する様々な戦闘兵器を利用できるFPS。

本作の特徴を一言で表すと、とにかく度派手なゲームです。プレイヤーは戦闘兵、偵察兵、重火器兵、工兵、衛生兵から1つの兵科を選び、バイク、戦車、ヘリといった多様な戦闘兵器を駆使して、巨大なマップ上で度派手に敵をぶっ倒して下さい。同時に最大32人までのユーザとの対戦が可能で、あたかも戦場にいるような雰囲気です。
1 : 4.00

OPERATION 7

OPERATION 7

武器やアバターのカスタマイズシステムが自慢のFPS。

本作の最大の特徴は武器組み立てシステム。このゲームに登場する銃器は6つのパーツに分けられていて、このパーツをカスタマイズすることで銃器の性能や見た目を自由に変更することができます。ただ、武器の性能差が異常にあったり、どちらかと言えばリアル系なんだけども課金アイテムのせいで変にゲーム性が強く、中途半端なゲームになってるのが残念なところ。今後に期待したいところです。
2 : 4.50

BLACKSHOT(ブラックショット)

BLACKSHOT(ブラックショット)

多彩な武器とマップが嬉しいFPS。

本作の最も大きな特徴は他に類をみない画期的な「パートナーシステム」と呼ばれるシステムにある。パートナーシステムとは、自チーム内で2人1組のツーマンセルを組むことによって「パートナーカメラ」を通しパートナー間の視野を共有できるシステムです。パートナーシステムのその他の利点としても、パートナー同士の治療等、既存のFPSよりも更に戦略性の高い戦術の組み立てが可能になっており、通常のFPSとは一味も二味も違う戦闘を存分に楽しむことができる。ただし、このシステム以外は特に際立った特徴もなく、可もなく不可もない普通のFPS……だと思います。バランスは悪くないですけどね。
1 : 4.00

Counter-Strike Online(カウンターストライクオンライン) 【CSO】

Counter-Strike Online(カウンターストライクオンライン) 【CSO】

超有名タイトルのFPS。

まぁ、とりあえず一つだけ言わせて下さい。

なんで運営元がNEXONなんだよ!

以上。
1 : 2.00

[ 1 ]