ごみ箱

ロールプレイング

Ruina 廃都の物語

Ruina 廃都の物語

ゲームブック風ダンジョン探索型RPG。

町の近くの森で見つけた、不思議な洞窟の入り口。主人公は何者かの声に誘われるかのように、洞窟の奥を目指し始めた。そして、世界は物語に侵食されてゆく。やたらと大きくなる話のスケール。でもやる事はずっとダンジョン潜り。あなたは結末を見ることができるか?

ゲームブックとは、読者の選択によってストーリーの展開と結末が変わるように作られたゲームとして遊ばれることを目的としている書籍のこと。本作はそんなゲームブックの特徴を生かし、ゲームブックライクな情景の描写と自由度の高さが最大の売り。万人に広くお薦めできる一作です。
12 : 4.50

ばとね!!〜ばとるねこみみさん〜 Plus

ばとね!!〜ばとるねこみみさん〜 Plus

猫耳娘をキャッチした女子高校生の二人三脚スットコドッコイ物語なRPG。

空から降ってきたネコミミ娘「リミュレ・スエイ」を条件反射的にキャッチしてしまった肝の据わった女子高校生「光 可憐(かれん)」。時を同じくして突如現れた魔物によって、町中の施設が占拠されてしまった!このままでは大変ってなワケで可憐はリミュレの強さを見て施設開放へと走りだした。この騒動の犯人は……。そしてもう一つ動く黒い陰、彼女達との関係は……。

メインに戦うリミュレは、コスチュームによって戦闘時のステータスが変化します。また、非戦闘時でも着替えないと先に進めない場所があったりと、システムを上手に活用していると思います。コミカルなストーリー、ソフトなグラフィックス、独自のバトルシステム、よく練られたインターフェース、どれをとっても優れた作品だと思います。
4 : 3.50

夜明けの口笛吹き

夜明けの口笛吹き

自分の名前以外の何も分からぬ少年が世界の上を目指して旅をする中編RPG。

羊水の海からこの虚構の世界へと流れ着いてきた主人公。いつからいたのか、どこから来たのかは誰も分からない。分かるのは、そばにいた黒服の男から聞かされた、ここが世界の最下層であるということだけ。上に何があるのかは誰にもわからないし、答えてくれる人はいない。旅立っていった者は誰ひとり帰ってこない。彼は先に進むが、そこで盗賊に襲われ瀕死の重傷を負った男から、奪われた娘を奴隷商人に売り飛ばされるのを助け出して欲しいと頼まれる。そして彼が辿り着いた醜い街は、混沌の地であった。彼が行きつく世界とは……。
2 : 4.00

らんだむダンジョン

らんだむダンジョン

ダンジョン探索型RPG。

宝箱を漁ったり、強敵を倒したり、倒さなくてもいい強敵を倒したり、キャライベントをこなしたりしながら最下層にいるボスの撃破を目指すゲームです。武器防具はレアも含めて数百種類用意してあります。全てのアイテムはキーボードのAキーを押すことで、主人公の視点から書かれた個別の解説を見ることが出来ます。ゲームバランスが良く、また死亡によるペナルティがないので積極的に敵に挑むことができるのは良かったです。問題点としてはタイトルが「らんだむ」ダンジョンなのにダンジョンが完全なランダム生成ではなく、階層ごとに数種類程度の固定マップから選ばれるというだけ、という点。これはツクール製の宿命でしょうか。宝箱の位置と中身はランダムっぽいですけど。なお、本作を遊ぶにはRPGツクールVX RTPが必要。
5 : 3.60

Eternal League of Nefia 【Elona】

Eternal League of Nefia 【Elona】

自由度の高いローグライクなRPG。

ゲームの目的は、プレイヤーキャラクターを操作しイルヴァと呼ばれる世界を回り、ストーリーに沿ったメインクエストをすすめレシマスと呼ばれるダンジョンの最深部に眠る秘宝を持ち帰る事であるが、ランダム生成されるダンジョンや達成すれば報酬がもらえる依頼、牧場や店を運営する物件のような要素もある。アイテムは武器や防具、巻物や薬や食料……とローグの基本要素が組み込まれている。武具に関しては、例え種類が同じでも、その武具に使われている素材(例えば鉄や布)によって大きく性能が変わる。強力な性能を持ったランダムアーティファクトや、固定で出現する固定アーティファクトも存在する。また、ローグ系としては珍しくロード機能があり、一度死んでもデータが抹消されることは無い。死んだ場合は死亡した時点での記録を引き継ぎある拠点から復活するか、最終セーブ地点からやり直すかが選択できるが、前者を選ぶと能力や金銭が減少し、幾つかの装備やアイテムも死亡地点にドロップするペナルティが科せられる。他にはラスボスに拮抗しうる実力の隠しボス的な要素や、各街の住民より依頼されるサブクエストがある。これらはメインストーリーに影響を与えることはない。本作はストーリーを攻略しても、ゲームが終了したりスコアが決定したりすることもないために、こうした寄り道やクリア後のおまけも数多く用意されている。
6 : 4.50

クミとクマ

クミとクマ

ほのぼのとしたファンタジー系中編RPG。

主人公の「クミ」は、小学二年生の可愛らしい女の子。あるクリスマスイヴの夜、彼女は母親が作った不細工なクマのぬいぐるみの「グレ」を貰う。ところがこのぬいぐるみはなぜか自分で考え、動くことができ、しかも関西弁を喋り始めたのだ!動くところを見つかり、急いで逃げ出すグレ。それを追いかけていくうちに、クミは知らない世界に迷い込んでしまった。そしてその不思議な世界で魔王を倒す救世主だと勘違いされたクミは、仕方なく魔王と戦う旅に出る。彼女を待ち受ける運命とは……?

本作の最大の魅力、それは個性豊かなキャラクター同士が織り成す会話と、童話のようなストーリーです。イベントごとにキャラの会話を楽しむことができるのは勿論、戦闘中も面白おかしい会話が構わず挿入されます。また、システム面でも(魔王を倒すタイムリミットがあるため)宿屋での回復回数が制限されたり、主人公が戦闘ではお荷物になってしまったりと独自の工夫が多数見受けられました。

子供は勿論大人でも楽しめるお薦めの作品です。
2 : 4.50

鹿の伝説

鹿の伝説

スクロール型の長編アクションRPG。

「鹿の伝説は2DハイスピードカオスアクションRPGです。
主人公の鹿を操って冒険しよう!
鹿はスキルを購入することで色々な技を繰り出せるようになります。
さらに一定以上進めると様々な属性の鹿に変身できるようになるので、うまく切り替えて進みましょう。
複数のエンディングがあり、クリア後のオマケもあるので結構遊べます。
ただ、難しめなので注意!」(作者サイト より)

カオスです……。難し過ぎです……。ボリューム多過ぎです……。マゾゲーマー以外は遊ばない方がいいと思います。はい。
3 : 1.67

月夜に響くノクターン Rebirth

月夜に響くノクターン Rebirth

ドラマチックな中編RPG。

永劫の夜の闇を生きるもの、吸血鬼。彼等にとってはヒトの命など何の事はない。そこ等に転がってる石ころと同じ。なんのためらいもなく蹴飛ばせる存在である。一人の女が、森の中を走っていた。後ろには、女を追っているであろう賊が三人。そこへ通りかかった黒衣の男が、襲い掛かってきた賊をあっさりと一蹴した。助けられたと思った女は男にお礼がしたいと言い、村まで来て欲しいという。……ヒトの顔をした悪魔は嗤う。獲物は、多い方がいい……。

ごみ箱では紹介していませんが、「月夜に響くノクターン」のリメイク作品です。ただし、システムやストーリーが大幅に変更されているようです。戦闘はサイドビューのシンボルエンカウント形式。成長はレベルアップ制ではなくスキル制になっています。ドラマチックな物語を楽しみたいユーザにお薦めの秀作です。
6 : 4.83

セスタニアの迷宮

セスタニアの迷宮

ダンジョン探索型RPG。

名前とクラス、顔グラフィックスを設定してキャラを作成し、最大5人までのパーティーで広大なダンジョンを探索するゲームです。ストーリー性はあまりありません。この手のゲームとしての難易度は温めですが、バランスは良いです。アイテムやモンスター図鑑など、やり込み要素たっぷりです。

全体的に作りが丁寧なので、無個性モノのRPGを遊んでみたいってユーザは是非。なお、動作にはRPGツクールVX RTPが必要。
1 : 3.00

Dungeons-英雄王の崩御-

Dungeons-英雄王の崩御-

ダンジョン探索型RPG。

かつて地上から魔を一掃せし英雄王「Wolf」。Wolf王暗殺の報に西方諸国は鳴動す。暗殺者はいつからか宮廷につかえし道化師LiaXamN。LiaXamNは城の地下に穿たれし闇の底へと消えん。即座に放たれし追撃隊は死をもって解す。ここが封印されし者共、忌まわしき「魔」の領域であることを幼き新王はここにふれをだす。「集え!強き者たちよ!前王の、敵を滅ぼさん!」

ダンジョンと街を往復し、探って戦って奪って帰るを繰り返すゲーム。総勢28種類ものクラスの中から好きなものを選択し、最大6人のパーティーを編成してダンジョンに挑む。ダンジョンは罠だらけなんで盗賊必須。難易度は普通。雰囲気が全体的に暗めです。
3 : 3.67

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 ]